はじめての留学 種類 大学生向け

こんにちは。Junkiです。

今回ははじめての留学 種類 大学生向けについて書きます。

はじめての留学で「どんな留学方法があるのか?」「留学方法を知りたい方」にはおすすめの記事となっています。

私の経験も含めて紹介できれば良いと思います。

留学方法には大きく分けて4つあります。

語学留学

大学提携留学

ワーキングホリデー留学

ボランティア留学

 

語学留学

「語学力」を習得することを目的としている留学です。

学生時代に「TOEIC, TOEFL, IELTSの高スコアを習得したい」「日常会話レベルを習得したい」と考え、短期・長期的に留学する学生が多い一般的な留学方法です。

メリット

・自由に留学プランが組める

・渡航先、予算、期間の幅が広い

デメリット

・個人留学なので費用が高い

・軸がしっかりしていないと旅行留学になってしまう←私も経験済!!!(笑)


 

大学提携留学

「専門的知識」を習得することを目的としている留学です。

海外で専門的知識を勉強するプログラムです。

メリット

・専門的知識を学べる

・大学提携留学ということもあり、あまりお金がかからず留学できる

デメリット

・ある一定のTOEIC,TOEFL,IELTSのスコアが必要

・選考条件を突破する必要がある


ワーキングホリデー留学

「就労しながら言語を勉強する」ことを目的とした留学です。

メリット

・就労、勉強、旅行を自由に組むことができる

デメリット

・できる国が決まっている

・語学力がない方は就労できる場所が限られてくる

・年齢条件が決まっている(18歳から30歳までが一般的)

 

ボランティア留学

「現地ボランティアをする」ことを目的とした留学です。

ボランティア先はさまざまで企業、施設、団体、学校等です。

メリット

・ボランティアをしながら現地で生活できる

デメリット

・コミュニケーション能力を取れるくらいの語学力、専門的知識が必要

・ボランティア活動は就労ビザ申請になることがある←私も経験済

※私の場合、学生ビザで語学留学で現地でボランティアができる団体を見つけました。



自分に合った留学プランを組みましょう。

周りの人に流されないように!!!

3週間60万円 地球一周 バックパッカー 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'92年静岡県生まれ。留学カウンセラー。 中学2年生の時に姉妹都市アメリカ合衆国・ニューヨーク州・コーニング市の友好訪問にて海外に興味を持つ。 大学在学中は、カナダ・アイルランド・南アフリカへ留学をした。 南アフリカ・ケープタウンに滞在中、黒人居住区(タウンシップ)を訪れ、人種差別問題に興味を持った。 現在でも南アフリカ共和国の某NPO法人への寄付を実施中。 また、年に1度はバックパッカーで世界を旅をし、これまで15か国を制覇。 普段は週末のサッカー観戦(ジュビロ磐田)、お笑いが趣味。