【私の考え】 Think The DAYについて

こんにちは!Junkiです。

昨日帰宅したら、これが届いていました。

Think The DAYからです。

Think The DAYについて

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 【医療従事者支援 チャリティ収支状況 (6/30付)のご報告】 新型コロナウイルス感染症に罹患された方々におかれましては心よりお見舞い申し上げます。 また医療の最前線で新型コロナウイルス感染症の治療や感染防止のために働いて下さっている医療従事者の皆様に心より御礼申し上げます。 当団体で行いました医療従事者支援チャリティの現時点(6/30付)での収支状況を以下の通り、ご報告致します。 医療従事者支援 チャリティ総額:¥130,075,100 (6月30日付) <内訳> ※総額を100%として内訳を出しています。 ◯医療用物資購入費用 60% ・医療用防護マスク:68,030枚 ・アイソレーションガウン:101,870枚 ◯商品原価 30% ・チャリティTシャツ ・マスク ◯流通費用 6% (配送(医療用物資)・梱包・倉庫利用 等) ◯ECサイト決済手数料(3.6%) ・振込手数料 等 4% ※8月中旬に新たな医療用物資(アイソレーションガウン)の入荷があり、医療従事者の皆様への配送が全て終わり次第、最終的な精算を完了させ、詳細な収支報告をThink The DAYのオフィシャルHPにてご報告させて頂きます。 ご支援頂きました皆様、有難うございました。 一日も早くこの事態が終息し、平穏な生活を取り戻せるよう心から願っております。 Think The DAY

(@_thinktheday)がシェアした投稿 –

そもそもThink The DAYって何って思った方が多いかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

元々再販するつもりのなかったチャリティTシャツの販売。 元々期限を決めての販売とアナウンスしていたこともあり、先に購入して下さった方々に嫌な思いをさせてしまうのではないかと迷いもしましたが、「再販を望んでくれる声=医療従事者の方々の力になりたい人たちの声」なので、やはりそれを繋げるのが私の役割だと思い、再販を決めました! 資材の関係上、前回展開したサイズとは異なるLサイズのみの販売で、今回準備した枚数で本当に最後になってしまうのですが、インスタライブ終了後3分でベージュ単品が完売したとの連絡が入ったので、ご購入を検討して下さっているかたは早めにチェックして下さいませ 皆さんの想いをしっかりと形に変えて、引き続き医療従事者の皆さんに必要物資をお届けしたいと思います✨ #ThinkTheDAY#チャリティTシャツ

SAEKO♡(@saekoofficial)がシェアした投稿 –

タレント、モデル兼実業家の紗栄子さんが創立された社団法人「Think The DAY」のことです。

新型コロナウイルスの感染が拡大している中、私が出来る社会への恩返しを自分なりに考えて、当初は医療機関や支援団体に支援金として寄付させて頂こうと考えておりました。その手続きを進めている中で、現場で働く医療従事者の皆様のお話を伺う機会があり、医療の最前線にはマスクや防護服など最低限の医療物資がまだまだ行き届いておらず、想像以上の過酷な環境と緊迫した状況がすぐそこにあることを知り、寄付の”その先”について考えざるを得ませんでした。そのことが「Think The DAY」というこの支援団体を始動させる後押しとなりました。
もともと地震などの災害対策のために、予防として物資や活動資金を準備する団体として設立しましたが、最前線で対応して下さる医療従事者の皆様に対して、私たちの感謝の気持ちを形に変えるべく、この団体を始動させることに致しました。今回、医療用防護マスクを手配出来ることになったので、もともと私自身が準備していた支援金で物資を購入し、医療従事者の皆様へダイレクトにお届け致します。また医療用防護マスクに加え、サージカルマスクや防護服の手配も進めております。ご用意させて頂いた医療物資の数に限りはございますが、感染症指定医療機関以外の病院やクリニックで働いてらっしゃる皆様にも届けることが出来たら幸いです。そして、私の思いに賛同して下さった方へのご提案として、チャリティTシャツとチェック柄布マスクのセットなどの販売、1口1,000円からの寄付も受付させて頂き、利益の全額を現場で対応してくださる医療従事者の皆様が必要としている物資の購入や当社団法人が取り組む様々な支援活動に充てさせて頂きたいと思います。私自身も手探りの状況下で進めているのでまだまだ至らない所もあるかと思いますが、最前線で対応してくださっている皆様が少しでも安心して働くことの出来る環境作りの
サポートを、同じ想いの人達と一緒に作っていけたらと思っております。支援活動のプロではないそんな私たちが支援活動に参加することで支援の輪が広がり、大人たちの助け合う姿を見て育った次世代の子供達がボランティアを身近に感じ、支援活動に対しても日常的に興味を持ってくれるようなきっかけになってくれたらこんなに
嬉しいことはありません。今日のこの日を皆様と一緒に笑顔で生きるために、様々な支援活動を目的とした「Think The DAY」をスタートして参ります。皆様のご支援、何卒宜しくお願い致します。
2020年5月14日 紗栄子

そして心を動かされた動画がこちら

めっちゃカッコ良いなと思いました。

昨年の千葉の台風被害ですぐ活動したことはメディアを通して知っていましたが正直それ以外はあまりこの方について知りませんでした。

2児の母ってこともこの時初めて知りました。

育児だけでも大変なのにそんな中タレント、モデルの仕事をやりつつ、社団法人の理事としても活動されているなんてカッコ良すぎます。

私が共感したこと

この言葉が共感し何度も心に響きました。

支援活動のプロではないそんな私たちが支援活動に参加することで支援の輪が広がり、大人たちの助け合う姿を見て育った次世代の子供達がボランティアを身近に感じ、支援活動に対しても日常的に興味を持ってくれるようなきっかけになってくれたらこんなに嬉しいことはありません。

命の大切さ、人が支え合う大切さ、支援活動が日常的になればというとても素敵な言葉だなって思いました!!!

まさしく命のバトンですね!!!

私は学生時代から留学でお世話になった南アフリカのNPO法人(Swop shop Organization)に支援金や物資を集めて今でも送り続けています。

そして今年で5年が過ぎました、、、。

時にはなぜ日本から地球の反対側の南アフリカまで支援を送り続けているんだろうと考えることもあります。

ただ、紗栄子さんが思っているこの言葉のために自分も動いているんだなと思っています。

そしてもう一つ紹介したいです。

いつかの動画で紗栄子さんは下記のことを仰っていました。

日本は寄付という文化がまだまだ浸透していない。寄付をすると周りから白い目で見られる。ただ困っている人がいて助けるか助けないかって言ったら迷わず後者を選びます。

本当にその通りだと思います。

私もそんな経験をしてきましたので、、、。

困っている人がいるのにそれを「あーだ、こうだ。」「1日も早く復興されることを願っています。」とか言っている間にまずは動かないとって思います。

私もまだまだ動ききれてないですが、、、ただこの方は動き続けている。動き続けていることが本当にカッコ良いと思いますね!!!

自分も動く!!!

さいごに

彼女の毎回のSNSの投稿から本当に勇気と覚悟を頂いています。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

もし私がやっているチャリティー活動にも賛同して頂けたら嬉しいです。

売上を私のお世話になっている南アフリカのNPO法人に寄付したいと思います。

お力ください。

https://junkioishi.thebase.in/

【私の考え】誕生日に決断

2020年6月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'92年静岡県生まれ。留学カウンセラー。 中学2年生の時に姉妹都市アメリカ合衆国・ニューヨーク州・コーニング市の友好訪問にて海外に興味を持つ。 大学在学中は、カナダ・アイルランド・南アフリカへ留学をした。 南アフリカ・ケープタウンに滞在中、黒人居住区(タウンシップ)を訪れ、人種差別問題に興味を持った。 現在でも南アフリカ共和国の某NPO法人への寄付を実施中。 また、年に1度はバックパッカーで世界を旅をし、これまで15か国を制覇。 普段は週末のサッカー観戦(ジュビロ磐田)、お笑いが趣味。