【いいね!Booking.com!】宿泊先を取るならこれ!

こんにちは!Junkiです!

今回は【いいね!Booking.com!】宿泊先を取るならこれ!について書きます。

皆さん、コロナが少しずつ治まってきて夏休みに旅行を計画していますか?

1円でも安く宿泊先に泊まりたい、いろんなホテルを探したいと思っている方は読んでください!

私は学生時代からこれまで世界中のいろんなところで旅をしてきました。

そこで日々お世話になっているのが 世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com!

私は実際に最近だとパリ、ウユニ、マチュピチュでの宿泊先探しでお世話になりました。

Booking.comって???

簡単に言ったら世界中最大の宿泊先サイトです。



詳細は下記の通りです↓↓↓(ウィキペディア参照)

ブッキングドットコムBooking.com)は、ホテル旅館等の宿泊施設を中心とするオンライン旅行予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ。宿泊予約コンテンツとしては世界最大の利用実績を持つ[3]

また、Booking.com B.V.は、オランダアムステルダムに本拠地を置く、同サービスを運営するオンライン旅行会社Online Travel Agency, OTA)であり、ブッキング・ホールディングスNASDAQBKNG)の最大ブランドを構成している。

メリット

どこのサイトよりも宿泊先を調べることができるところです。

私の経験上で話してしまいますが、他のサイト(エクスペディア、スカイチケット、トラベリスト、エアトリ等)よりも宿泊先を調べることができ、安くチケットが取れるのではないかと思っています。

 

デメリット

宿泊先の全てのサービスを知ることがところです。

これは他のサイトでも共通して言えることですが、Booking.comサイトは口コミの評価で成り立っている

ので細かなルームサービス等の情報は記載されていないことが多い点がネックかと思います。

さいごに

これから夏に向けて旅行をする方が増えてくると思いますが、是非Booking.comを使ってみてください!!



[180度考え方が変わる] 学生時代にバックパッカーに挑戦した方が良い理由

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'92年静岡県生まれ。留学カウンセラー。 中学2年生の時に姉妹都市アメリカ合衆国・ニューヨーク州・コーニング市の友好訪問にて海外に興味を持つ。 大学在学中は、カナダ・アイルランド・南アフリカへ留学をした。 南アフリカ・ケープタウンに滞在中、黒人居住区(タウンシップ)を訪れ、人種差別問題に興味を持った。 現在でも南アフリカ共和国の某NPO法人への寄付を実施中。 また、年に1度はバックパッカーで世界を旅をし、これまで15か国を制覇。 普段は週末のサッカー観戦(ジュビロ磐田)、お笑いが趣味。