南アフリカ ケープタウン 治安 ぶっちゃけどう?[経験談]

こんにちは。Junkiです。

今回は南アフリカ ケープタウン 治安 ぶっちゃけどう?[経験談] について紹介します。

南アフリカ ケープタウンの治安面を知りたい方にはおすすめの記事になっています。

現地に住む日本人の方、日本領事館関連の方がおっしゃっていた情報も含めて紹介します。

まずお前誰だ?って方もいると思うので簡単に自己紹介をします。

Junkiといいます。私は2015年に7カ月滞在、2019年2月に訪れ、現地でボランティアをしたり、語学学校

に通ったり、領事館のイベントに参加したりしてた経験があります。

では、本題へ!!!

 

まず治安っていいの?

ぶっちゃけ言うと良いところは良いし、悪いところは悪いです。

結論、これです。

 

「ウォーターフロントは1人でも安全だが、ボランティアや興味本位での1人でのタウンシップの訪問、夜1人で街を出歩くことはやめて。帰りは家までタクシーを使うように。」

領事館の方、現地駐在員の方はこうおっしゃってました。

ほんとその通りだと思います。

過去に興味本位で1人で外出をして襲われたりし、日本領事館に迷惑をかけた人がいて対応が大変だったみたいです。

もちろん、留学や旅で訪れて新鮮味があり、興味本位で行きたい気持ちがあるかと思います。

その場合、必ず複数人で動くようにしましょう。

海外はハプニングが付き物」と楽観的に考えている方(私も当時そうでした)は特に注意してください。

では、、、

タウンシップを除いて市内はどこが危険???

当時、私はケープタウンで襲われた経験はありませんが、日本人、サウジアラビア人、スイス人、フランス人の友人(男女ともに)が刃物を向けられたり、襲われたりした経験談を聞きました。

The Company’s Garden

→スイスの友人:朝8時頃、1人でパソコンを持ち、通学途中の時、公園内で老人らしい人に刃物を向けられたとのことです。

パソコンは盗まれた。

Long Street

→日本人の知人:夜1人で飲みに行き、歩いていたら若者集団に囲まれ、襲われた。

Kloof Street KWIKSPAR付近

→フランス人の友人:1人で夕方16時頃、SPARで買い物をした後中年男性に刃物を向けられ、襲われた。

Bo-Kaap

→日本人の方:カラフルの建物があって有名なところですが、夜は人通りが少なく、路地に隠れていた集団に囲まれ、襲われた。

残念ながら、こんな感じで襲われることが日常茶飯事で「日本みたいにニュースになったり、警察がすぐ動かない。」ということは事実です。

対策

・1人行動はしない。

・特に夜は1人で動くときはタクシーを使う。

→家の前で乗降する。

・必要最小限のお金のみしか持たない。

上記を守りましょう。

何かあったらすぐにケープタウン日本領事館へ

詳細はこちら↓↓↓

在南アフリカ共和国 日本大使館館、領事館サイト

 

さいごに

海外はハプニングが付き物です。

めっちゃ遊ぶのも良いし楽しむのも大切です。

ただ常識ある中で動くことが大切だと思います。

悔いのない、全力で良い時間をケープタウンで送れることを願ってます!!!

ケープタウン-ビクトリアの滝 6470kmの旅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'92年静岡県生まれ。留学カウンセラー。 中学2年生の時に姉妹都市アメリカ合衆国・ニューヨーク州・コーニング市の友好訪問にて海外に興味を持つ。 大学在学中は、カナダ・アイルランド・南アフリカへ留学をした。 南アフリカ・ケープタウンに滞在中、黒人居住区(タウンシップ)を訪れ、人種差別問題に興味を持った。 現在でも南アフリカ共和国の某NPO法人への寄付を実施中。 また、年に1度はバックパッカーで世界を旅をし、これまで15か国を制覇。 普段は週末のサッカー観戦(ジュビロ磐田)、お笑いが趣味。