【実践済】海外ボランティア 「現地での見つけ方」

こんにちは!Junkiです。

今回は【実践済】海外ボランティア 「現地での見つけ方」について書きます。

・海外ボランティアを探している方 におすすめの記事になります。

※これから話す内容は私が学生時代に南アフリカで実際にとった行動です。

ウェブで探す

今の時代、ググれば出てきますし、一番良い方法かも知れません。

問い合わせフォームで聞けば、渡航前でも連絡が取れスムーズにボランティア活動ができますね!!!

留学先・語学学校で現地で情報収集

語学留学をしながらボランティア活動をする方も多いと思います。(私もそうでした。)

私は実際に現地に行ってからNPO法人(Swop Shop Organization)に出会ったんですが、

語学学校に通う方はたくさんいます。

先生スタッフ友達に聞くことが良いかも知れません。

大使館・領事館に行き情報収集

これも一つの手なんですが、もし渡航先の近くに大使館・領事館があれば行って情報収集することをおすすめします。

そこに行けば、長く駐在する日本人の方にも出会えると思いますし、何か良い情報が手に入ると思います。

(私は領事館に行き、ある日本人の方と会い、治安面の情報、Embassy of Japan Festivalに招待して頂きました。)

渡航先に大学があれば、調べてプロフェッサーにアポイントを取る

これ結構良かったです。

正直プロフェッサーにアポイントを取るのは簡単ではなかったですが、私の場合、ホストファミリーが某大学の卒業生でそこからあるプロフェッサーに繋げて頂いて治安面環境面の情報をゲットした経験があります。

さいごに

現在はインターネットというツールがあります。

インターネットが繋がれば世界中の誰とでもつながることが出来るのでとにかくググって問い合わせをする行動が良いかと思います。

はじめての留学 [留学することを悩んでいる方に]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'92年静岡県生まれ。留学カウンセラー。 中学2年生の時に姉妹都市アメリカ合衆国・ニューヨーク州・コーニング市の友好訪問にて海外に興味を持つ。 大学在学中は、カナダ・アイルランド・南アフリカへ留学をした。 南アフリカ・ケープタウンに滞在中、黒人居住区(タウンシップ)を訪れ、人種差別問題に興味を持った。 現在でも南アフリカ共和国の某NPO法人への寄付を実施中。 また、年に1度はバックパッカーで世界を旅をし、これまで15か国を制覇。 普段は週末のサッカー観戦(ジュビロ磐田)、お笑いが趣味。